2016年11月08日

☆補助金☆ 住宅ストック循環支援事業!! 国交省より

おはようございます
国交省から「住宅ストック循環支援事業」が
発表されたので、ご紹介させていただきます。

同事業は以下の3つの事業で構成されています。
@住宅のエコリフォーム
A良質な既存住宅の購入
Bエコ住宅での建替え

↓詳細
_____________________________________________________________________________

@住宅のエコリフォーム
従来のエコポイントに近いイメージです。
開口部の断熱改修やエコ設備への改修でも補助金が出ます。(最大30万円)

リフォーム後に現行の耐震基準を満たしている事が必要です。
もともと耐震基準を満たしている住宅は、特に工事不要。
耐震基準を満たしていない住宅は耐震改修が必須で、+15万円の補助が出ます。
_____________________________________________________________________________

A良質な既存住宅の購入
40歳未満の方が既存住宅を購入すると補助金が出ます。(最大50万円)
ただし、インスペクション(住宅検査)が実施され、既存住宅瑕疵保険が付保される事が条件です。
つまり、瑕疵保険基準を満たさない箇所が発見された場合、改修が必要になります。

加えてエコリフォームをする場合、@と同様の基準が当てはめられます。
また、@と同様に耐震基準を満たす事が条件付けされます。
耐震改修を行えば、+15万円の補助が出ます。
_____________________________________________________________________________

Bエコ住宅での建替え
自身が居住する耐震性を満たさない住宅を除却し、エコ住宅へ建替えた場合に補助金が出ます。(最大50万円)
この事業は、今まで無かった初めてのケースです。

いずれも、最低限の耐震性が求められます。
現行の耐震基準を満たさない住宅ストックを、H37までには概ね解消するという目標(住生活基本計画)が
ありますので、その一環と言えるかもしれません。

「住宅ストック循環支援事業」の予算は250億円、約5万戸前後の利用が見込まれます。

補助金申請は29年6月30日まで。
同年12月31日までに工事完了及び事務局への実績報告となります。


という事業の内容となっています!
posted by yamada at 09:02| 新潟 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする